menu

究極の立体<切断>

中学入試の頻出分野
「立体切断」の学習革命!

アプリイメージ

App Storeで
お得なセット
販売を実施中!
Google Play
Storeでお得な
セールを実施中!

究極の立体<切断>とは?

中学入試の頻出分野
「立体切断」の学習革命!

自分で動かす、切ってみる。
だから分かる!

切断面は実際に切断してみなくちゃわからない!立体を画面上に再現できるのは、アプリだからこその強みです。授業や紙でイメージできなかったものも、三次元で捉えて、自分で動かし切れるからこそ、イメージできるようになります。

「切断の3原則」を
完全理解!

立体の切断においては、「同一平面」「平行」「延長」という3つの原則で、どんな断面も作図できます。この原則に沿った3つのボタンを使って問題を解いていく設計になっているので、反復練習で徹底的にマスターできます。

10年分の過去問から
厳選100問!

立体の切断は中学入試の頻出分野。難関校でも毎年のように出題されます。本アプリでは、10年分の中学入試問題を徹底分析し、頻出から難問まで、典型的な出題100問を網羅的に収録。全ての問題に何度でもチャレンジできます。

なぜ「立体の切断」を
アプリで学ぶのか?

開成中学校過去問
聖光学院中学校過去問
開成中学校過去問
聖光学院中学校過去問

中学入試の頻出分野。断面の正確な作図が必須!

立体の切断は、中学入試算数における頻出・重要分野です。
大問として出題されることが多く、切断面を正確に作図できないと、大問を全て落としてしまうケースも少なくありません。正確に断面図をイメージし、描けることが、問題に取り組むための大前提となるのです。
※ 中学入試算数は4-7程度の大問で構成されることが多く、それぞれの大問に通常3-5程度の小問がある。

黒板や紙では身につきにくい!

高度な空間認識力、イメージ操作力が求められるため、立体切断は対策が難しいと言われてきました。黒板や紙などの平面でどれだけ学習しても、その時は分かった気になっても、すこし角度が変わったり、切断点が変わると、全く分からなくなってしまうケースが多いのです。お家で野菜やスポンジを切ってみるなど、試行錯誤してきたご家庭も多いはずですが、この方法では、複雑な図形や切断面を再現することは難しく、反復学習にも不向きでした。

マスターすれば大きなアドバンテージに!

重要分野にも関わらず、多くの受験生が苦戦しているということは、マスターすれば大きなアドバンテージになります。『究極の立体<切断>』は、①自分で立体を動かし、切りながら、②厳選された中学入試の頻出問題を、③三原則に沿ってなんども反復学習する、という三点を実現し、これまでの学習とは全く異なるアプローチで立体切断を得意分野にできる、唯一のアプリです。

例えばこんな問題!

Level1No.2

Level1No.9

Level3No.28

Level6No.53

Level7No.65

Level10No.91

アプリで身につく
「立体切断の3原則」とは?

① 同一平面

同じ平面上に2点ある場合、切り口は必ずその2点を結んだ直線上を通ります。
したがって、同じ平面上にある点は結ぶことができます。

② 平行

面同士が平行な場合、それぞれの面にできる切り口の線は必ず平行になります。
したがって、面Aと平行な面Bにすでに線が引かれている場合、面Aには、点を通り、かつ、面Bの線と平行な直線を引くことができます。

③ 延長

切り口の線と立体の辺を延長することで、その交点に、立体の外で切り口が通る点を見つけることができます。
見つけた点から①「同一平面」や②「平行」を使って線を引くことができます。

「究極の立体」シリーズ
開発の経緯

日本の中学入試算数には、純粋な思考力やイメージ力を問うような、趣深く素晴らしい問題が溢れています。本来、こうした問題に対峙し、紐解いていく行為は、知的なワクワクをともなう、エキサイティングな経験であるはずだと私たちは考えています。一方で、求められる思考力やイメージ力が高度であるため、これまでの紙や黒板での学習では、その成果は「生まれ持ったセンス」とされがちだったことも確かです。

私たちは、中学受験を選択するのであれば、小学生の有限で貴重な時間が、知的躍動を伴った、一生を彩る糧となる学習の時間に変わることを願っています。弊社代表・川島の中学受験の指導経験から、頻出にもかかわらず、黒板や一対一のアナログな指導では特に、子どもがイメージしづらく、躍動を感じにくかった立体図形の分野をテーマにしています。

1作目の「究極の立体<切断>」、2作目の「究極の立体<展開>」と、「究極の立体」シリーズは、アプリだからこそ、立体を手に取るように再現します。そのため、ドリルや問題集などの紙上で、大量の類題をこなしても身につくとは限らない、本質的な考え方を身につけることができます。このアプリを一問一問楽しみながら解き進めていけば、自然と空間認識力が育まれていきます。

今、世の中では、AIやビッグデータ、IoTが社会に浸透し、「第四次産業革命」が進んでいると言われています。中でも、AIを支えるディープラーニングの根幹にあるのは、正に数学です。数学は、人々の生活とも密着した、未来を創っていく学問でもあるのです。本シリーズを通して、子ども達が立体図形や数学の奥深さの一端に触れる機会を提供できればと思います。

ユーザー様からの声

楽しんで学べる

親として欲を言えば楽しんで中学受験に挑んで欲しいと思っているので、ワンダーラボのアプリはまさにベストです!

問い合わせフォームより

解説が難しい
立体問題

立体関係の問題は子供に解説し難いため、今後も立体の問題に関するアプリがあれば買うと思います。

問い合わせフォームより

自然と身につく
ルール

最短ルートで解けると3つ星を取れることで、そのルールが自然と身につく工夫は、ありがたいです。

問い合わせフォームより

続編にも期待!

今回のアプリのように図形を動かすことで理解の深まるアプリはとてもよいと思います。続編にも期待しています。

問い合わせフォームより

繰り返し
プレイ!

子どもはクリアするためにゲームっぽく楽しんでいるが、親から見ると立体の切断を楽しみながら学んでいる感じがする。一旦100まで終えたが、繰り返しプレイするのも楽しい。

アプリストアより

素敵なBGM

使われているBGMがすごく素敵で、子供も聴いてるとヤル気が出て来ると話しております。親の私自身も中学受験のイライラがすーっと落ち着き、ストレス解消になります。

問い合わせフォームより

開発チーム紹介

ワンダーラボ株式会社

ワンダーラボ株式会社

https://www.wonderlabedu.com/

ワンダーラボは、世界中の子どもから「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しており、国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修する、思考力教材製作のパイオニアです。

開発する思考力育成アプリ「Think!Think!(シンクシンク)」は、150ヶ国100万ユーザーを突破し、国内で「Google Best of 2017」入賞、「日本e-Learning大賞」EdTech特別賞受賞、海外で「Google Play Awards 2017/2019」TOP5選出など、高い評価を得ています。

JICAの民間連携事業の一環としてカンボジアで行った実証実験では、シンクシンクが学力やIQを大きく伸ばすことが実証されました。

2018年には、世界最大のEdTechスタートアップコンペ「GESA(Global EdTech Startups Awards)」日本予選で最優秀賞を受賞し、ロンドンにて世界大会に出場するなど、幼少期の思考力教育×Techの分野で、プレゼンスを高めています。

ワンダーラボ株式会社 代表取締役 川島 慶

ワンダーラボ株式会社 代表取締役

川島 慶 (開発責任者)

  • 栄光学園中学校・高等学校 卒業
  • 東京大学工学部 卒業 同大学院工学系研究科 修了
2011年 株式会社こうゆう(花まる学習会)入社。
公立小学校や児童養護施設、海外孤児院等の学習支援や教員研修を多数手掛ける
2014年 株式会社花まるラボ(現:ワンダーラボ株式会社)を設立、東京大学非常勤講師
2015年~ 算数オリンピックの問題作成・解説担当
2015年~ 世界最大のオンライン算数大会「世界算数」問題作成担当
2017年~ 三重県数学的思考力育成アドバイザーに就任

花まる学習会代表 高濱正伸との共著に、算数脳パズルなぞぺーシリーズ「迷路なぞぺー」「新はじめてなぞぺー」「絵なぞぺー」など

お問い合わせ

究極の立体<切断>についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせの種類を選んでください。必須
学習塾名必須
所在地(都道府県)必須
生徒数必須

例:小学生15名、中学生10名

授業でご利用のタブレット
(パソコン)のOS必須
HPのURL

ホームページをお持ちでない場合は空欄で結構です

お問合せ内容必須
お客様のお名前必須
メールアドレス必須

※アドレスに誤りがないか、必ずご確認ください

法人・団体名(企業の方のみ)

お問い合わせが完了しました。
ご登録いただいたメールアドレスに確認メールが届いていない場合は、メールアドレスをご確認の上、再度送信してください。